教師ラウンジへようこそ!

鉄道ネタはもちろん,TVや本,食べ物,野鳥の話題などをアップしています。最近は,太陽光発電や家庭菜園についての記事も投稿しています。ご愛読のほど,よろしくお願いします。

左のサイドバーから,好みのジャンルを選んでいただくと読みやすいと思います。
最近は,限りなくツイッターに近い短文のブログになっています(笑)。

重松清

星をつくった男 阿久悠と、その時代



著者は作家の重松清さん。
作詞家・作家の阿久悠の人生を追いながら
昭和から平成の時代の様子を記す。
阿久悠を追うことは当時の歌謡界を追うことでもある。
幼少期に終戦を迎えたことが、
その後の生き方とどうかかわったかを探る著者。
故郷の捉え方や父との関わりなど、
阿久悠本人はもとより、多くの人にも関係することで
とても興味深かった。
重松清さんは自分と同じ年に生まれているので、
なるほどと思えることが多い。

さつき断景

さつき断景
重松 清
祥伝社
2000-11T


著者は重松清さん。
1995年から2000年までの毎年5月の
人々の様子が描かれている。
年齢も立場も様々だが,
家族や友達との関わりが中心。
それぞれ思うようにいかないことも多いのだが,
ほのぼのとした人間関係も描かれていて良い。
阪神・淡路大震災へのボランティアや
地下鉄サリン事件で1本だけ列車が違った話などが登場。
世紀末と思われる事件なども紹介されるのだが,
まだまだ世の中は捨てたものではないという感じか。
この作品が書かれた頃と20年過ぎた今では
読み手の感じ方も違うものと思われる。
今読むと,当時の社会の様子がとても懐かしい。
著者と自分が同じ歳というのも良いか。

希望の地図 3.11から始まる物語

希望の地図
重松 清
幻冬舎
2012-03-09



著者は重松清さん。
自分と同じ歳の作家なので親近感がある。

この本は新聞に連載されたもの。
震災から半年後に連載はスタートしている。

田村章というフリーラーターが
不登校の中学生と被災地を巡りながら,
あれこれ考えるという流れ。
ストーリーはあるのだが,当時のルポでもある。

震災から半年,
まだまだ苦しい状況にある人々の
立ち上がろうとする姿が描かれている。
当時の様子を知る本としても価値がある。

夢と希望は違う。
次代へつなぐドキュメントノベル。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 懐かしいかな 「越乃Shu*Kura」の側面
  • 懐かしいかな 「越乃Shu*Kura」の側面
  • 今日はまずまず
  • 今夜の甘い物 ロッテ チョコレート ZERO
  • 今夜の月
  • 今日の野鳥 ハクセキレイ・スズメ
  • 今日の野鳥 ハクセキレイ・スズメ
  • 今朝の収穫 キュウリ1本
  • 今朝の収穫 キュウリ1本
  • 懐かしいかな 会津若松駅構内移動中の「越乃Shu*Kura」
  • 今日は今一つ
  • 今日の野鳥 ホオジロ・スズメ・トビ
  • 今日の野鳥 ホオジロ・スズメ・トビ
  • 今日の野鳥 ホオジロ・スズメ・トビ
  • 今日の収穫 キュウリ3本
最新記事
ぜひ クリック!
訪問ありがとうございます
最新コメント
  • ライブドアブログ