著者は内山聖子さん。
テレビ朝日ドラマプロデューサー。
サブタイトルは「へこたれない仕事術」。
入社からに仕事人生を振り返りながら、
ドラマとの関わりや思いを語る。
数々の失敗談は読者にとっては
励み、勉強になるものである。
女性ゆえに苦労したことも多々ある。
テレビ業界の様子も垣間見えて興味深い。