著者は星亮一さん。
幕末を扱った作品が多い作家。

この本は長岡藩の河井継之助を扱った本。
河井継之助は
司馬遼太郎の「峠」でも扱われている。
幕末,戊辰戦争の有名人だろう。
ガトリング砲でも有名。
長岡と会津は関わりが深かったし
河井が奥会津の只見で最後を迎えたこともあって
自分としてもなじみがある人物である。

が,この本を読んで知ったことが多く
特に最初は低い身分だったというのは意外だった。

基本的に事実を積み上げながら
河井の人生を振り返っている。
とても読みやすくわかりやすい1冊である。