教師ラウンジへようこそ!

鉄道ネタはもちろん,TVや本,食べ物,野鳥の話題などをアップしています。最近は,太陽光発電や家庭菜園についての記事も投稿しています。ご愛読のほど,よろしくお願いします。

左のサイドバーから,好みのジャンルを選んでいただくと読みやすいと思います。
最近は,限りなくツイッターに近い短文のブログになっています(笑)。

経済学

経済学の3つの基本



著者は根井雅弘さん。
京都大学大学院経済学研究科教授。
専攻は現代経済思想史。

タイトル通りの内容。
経済成長,バブル,競争をキーワードにして
経済学の思想の多様性を紹介している。
ジュニア向けの本にしては難解。
専門用語や訳文の引用も多い。
さらりと読みこなせる本ではないが,
経済思想の多様性を知る上では有益。
章末には用語解説や参考文献の紹介もある。
大人にとっても勉強になる1冊。

天皇家の経済学



著者は吉田祐二さん。
貨幣経済理論および政治思想,
近代企業経営史などを研究テーマとする。

この本は天皇家を経済の視点から見たもの。
明治以降が中心だが,江戸時代についても触れている。
イメージではなく,具体的な数字等で示している。
日本経済の中から天皇家を見ており,
「天皇財閥」という表現で,
天皇家の日本経済における位置を記している。
最終的には日本の政治,歴史とも関わっており,
なかなか奥が深い内容となっている。
最近の皇室の動きにも触れており,
日本という国の形を考えるようになる一冊。

伝説の教授に学べ! 本当の経済学がわかる本

著者はイェール大学教授の浜田宏一さん
早稲田大学教授の若田部昌澄さん
経済評論家の勝間勝代さん。

この本は3人の会話のような形で書かれている。
「誰がデフレ不況を長引かせているのか」と表紙にあり
日本経済の現況とデフレについてまとめられている。
インフレターゲットについても説明されている。

読者である自分は経済を学んだわけではないので
難しい部分もあるのだが
デフレが決して良い状態ではないこと
デフレ克服には金融政策によって通貨量をふやすべきこと
などがわかった。
戦前の日本の歴史にも触れられており興味深い。


伝説の教授に学べ! 本当の経済学がわかる本

伝説の教授に学べ! 本当の経済学がわかる本
クチコミを見る
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 今日もまずまず
  • 今夜の甘い物 三万石 和三盆ぷりん
  • 今日の収穫 シシトウ・ピーマン・ナス・キュウリ
  • 今日もバンザイマーク
  • 今日も散歩
  • 今日の甘い物 ブルボン ビットチョコレート
  • 今日のアサガオ 75輪目
  • 磐越西線 E721系 会津若松駅
  • 今日はいい感じ
  • 今夜の甘い物 メロンバー
  • 今夜のお酒 奥の松 サクサク辛口
ぜひ クリック!
訪問ありがとうございます
最新コメント
  • ライブドアブログ