「秒ヨミ!」という宮根さん出演の番組で
箱根駅伝が取り上げられていた。

中でも興味深かったのは山登りの5区で
国道と交差する箱根登山鉄道の宮ノ下踏切。
駅伝走者を優先するため
電車を一時待機させ
現場担当者の判断で電車を通過させていた。

駅伝レースを止めないのはもちろんだが
電車もできるだけ遅延させたくないわけで
現場担当者の苦労を垣間見ることができた。

映像では2種類の車両を見ることができたし
鉄道無線も興味深かった(笑)。
東洋大の柏原選手が首位に立つシーンや
若松二中の教え子の大東文化大の高橋選手の力走もあった。
当日の感激が甦った。