教師ラウンジへようこそ!

鉄道ネタはもちろん,TVや本,食べ物,野鳥の話題などをアップしています。最近は,太陽光発電や家庭菜園についての記事も投稿しています。ご愛読のほど,よろしくお願いします。

左のサイドバーから,好みのジャンルを選んでいただくと読みやすいと思います。
最近は,限りなくツイッターに近い短文のブログになっています(笑)。

科学的

科学的とはどういう意味か



著者は森博嗣さん。
小説家。工学博士。

この本は著者が3日間,計12時間で書いたという。
科学だけでなく,社会や生き方を考える上で有益な1冊である。

科学をめんどうだからと敬遠してしまうことは,
思考停止であり極めて危険なことである。

科学とは「方法」であり,
その方法とは他者によって再現できることを条件として
組み上げていくシステムのこと。
みんなで組み上げていくのでコミュニケーションが必要。

実験は再現の1つではあるが,すべてではない。
科学的にあるためには,
言葉だけで理解している気にならず,思い込みを極力避ける。
そのためには,いつも疑いつづけること。
情報を広く求め,吟味した上でも,
きっぱりと割り切るような結論を出さない。
そして,常に疑問を持つこと。

非科学に惑わされず,自分の身を守る上でも,
科学的な知識や考え方は大切である。

環境問題の基本のキホン 物質とエネルギー

著者は志村史夫さん。
静岡理工科大学教授。

環境問題を考えるには
物質とエネルギーの基礎が必要ということで
エネルギーに関する諸原則,物質の構造
様々なエネルギーに触れている。

雰囲気やイメージではなく
科学的根拠に基づいて考えていくことの大切さを主張している。
そのためにはその基本となる知識が必要ということ。
その基本的な知識が整理されたのがこの本。
科学的なようなものに騙されないために
科学的な知識が必要である。


環境問題の基本のキホン―物質とエネルギー (ちくまプリマー新書)

「科学的」って何だ!

この本はちくまプリマー新書の1冊。
松井孝典さんと南伸坊さんの対話形式。
松井さんは東京大学大学院の教授で
専門は惑星物理学。
南さんはイラストやエッセイで活躍されている。

この本はいくつかの話題を取り上げながら
「わかる」と「わからない」や
「納得する」というようなことを掘り下げて考えている。

「科学的」と言われると
一般の人は「そんなものか」と考えて
思考停止してしまうが
そもそも「科学的」とは何なのか
ということを松井さんが説明していく。

毎朝少しずつ読んだので
理解度が今一つだが
ものの考え方を検討するうえで有益な1冊だと思う。

記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 懐かしいかな リゾートみのり
  • 懐かしいかな リゾートみのり
  • 今日は今一つ
  • 今夜の甘い物 銀座コージーコーナー マドレーヌ
  • 今夜のお酒 期間限定 麒麟特製 豊潤レモンサワー
  • 今日の甘い物 六花亭 マルセイビスケット
  • 今日のアサガオ 198輪目~200輪目
  • 今日のアサガオ 198輪目~200輪目
  • 今日のアサガオ 198輪目~200輪目
  • 会津若松駅 トランスイート四季島
  • 会津若松駅 トランスイート四季島
  • 会津若松駅 トランスイート四季島
  • 今日はまずまず
  • 今夜の甘い物 串だんご あん
  • 今夜のお酒 氷結 グレープフルーツ
ぜひ クリック!
訪問ありがとうございます
最新コメント
  • ライブドアブログ