熱将 星野仙一
戸部 良也
KTC中央出版
2000-04-01






著者は戸部良也さん。
スポーツ紙記者を経てノンフィクション作家。

野球人・星野仙一を取り上げたこの本は,
星野氏が2度目の中日監督を務め,
リーグ優勝した時点で書かれている。

吠える監督だった一度目から時を経て,
静かな熱将となりリーグ優勝を果たすあたりを,
その生い立ちからの半生を含めて記している。

星野氏の人間的な魅力があふれるエピソードが満載。
どのようにして一流の監督になっていったかを垣間見ることができる。

リーダー,上司のあり方を考える上で,
とても参考になる1冊だと思う。