教師ラウンジへようこそ!

鉄道ネタはもちろん,TVや本,食べ物,野鳥の話題などをアップしています。最近は,太陽光発電や家庭菜園についての記事も投稿しています。ご愛読のほど,よろしくお願いします。

左のサイドバーから,好みのジャンルを選んでいただくと読みやすいと思います。
最近は,限りなくツイッターに近い短文のブログになっています(笑)。

日本海海戦

日本海海戦かく勝てり

著者は半藤一利さんと戸高一成さん。
戦史物でよく登場する二人である。

この本は日露戦争100年の時に書かれたもの。
日本海海戦の事実に迫ったものである。

これまで日本海海戦は丁字戦法が有名だったが
どうやら実際はそうではなかったらしい。
そのあたりを丁寧に説明している。

定説を覆すというのは勇気のいるものだが
事実を追い求める姿勢は大切だと思う。
日露戦争を通して
日本の姿についても触れているのが興味深い。

日本海海戦 かく勝てり


スペシャルドラマ 坂の上の雲 「日本海海戦」

ついに3年間放映されたドラマも最終回。

日本海海戦の様子はすごい迫力だった。
結果はわかっているとはいえ
やはり,敵前大回頭の時間はドキドキした。
日本の一方的な勝利だったが
艦上ではすさまじい情景が繰り広げられていた。
これが戦争だろう。

海戦後は,たんたんと進んでいったが
やむを得ないところだろう。

スペシャルドラマの名にふさわしい
大作だったと思う。


NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 「敵艦見ゆ」

今回は日露戦争も後半というところか。
大陸では陸軍が奉天でロシア軍と対峙し
兵力で劣りながらも作戦で勝利。
何とかもちこたえた。

一方,海軍の方は
バルチック艦隊がどこを通るかがわからず
動揺も見られたが
結局は東郷(渡哲也)の「敵は対馬に来る」で決着。
さすが連合艦隊司令長官である。

陸軍の大山(米倉斉加年)もそうだが
最高指揮官というのは
ああいう振る舞いができるかどうかなのかもしれない。
まあ,判断を誤るととんでもないことになるが。

今回は真之(本木雅弘),好古(阿部寛)はもちろん
これまで登場してきた多くの人たちが少しずつ出てきて良かった。

終盤で日本海海戦がスタートしたが
いよいよ来週は決着がつく。
戦闘シーンも迫力がありさすが。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 今日もまずまず
  • 今夜の甘い物 三万石 和三盆ぷりん
  • 今日の収穫 シシトウ・ピーマン・ナス・キュウリ
  • 今日もバンザイマーク
  • 今日も散歩
  • 今日の甘い物 ブルボン ビットチョコレート
  • 今日のアサガオ 75輪目
  • 磐越西線 E721系 会津若松駅
  • 今日はいい感じ
  • 今夜の甘い物 メロンバー
  • 今夜のお酒 奥の松 サクサク辛口
ぜひ クリック!
訪問ありがとうございます
最新コメント
  • ライブドアブログ