教師ラウンジへようこそ!

鉄道ネタはもちろん,TVや本,食べ物,野鳥の話題などをアップしています。最近は,太陽光発電や家庭菜園についての記事も投稿しています。ご愛読のほど,よろしくお願いします。

左のサイドバーから,好みのジャンルを選んでいただくと読みやすいと思います。
最近は,限りなくツイッターに近い短文のブログになっています(笑)。

労働者

原発労働者

原発労働者 (講談社現代新書)
寺尾 紗穂
講談社
2015-06-18

著者は寺尾紗穂さん。
ピアノ弾き語りの音楽家。
タイトル通りの本なのだが,
東日本大震災と原発事故以降の
原発労働者に関する資料はあるが,
それ以前の資料が少ないということで,
著者が関係者にインタビューしてできた本。
知らないところで過酷な労働があり,
それを知らずして原発を語ることはできないだろう。
様々なしがらみがあるため,
当事者から話を聞くことは困難。
その意味で貴重な力作と言える。
何事も事実を知ることは大事だ。

福島原発の闇 原発下請け労働者の現実

著者は堀江邦夫さん。記録作家。
絵は水木しげるさん。

この本はサブタイトル通り
原発下請け労働者の現実を記したものである。
著者の堀江さんが実際に原発下請け労働を
3つの原発現場で体験したことをもとに書かれている。

さて,驚くべくことは
この本のオリジナルが1979年のアサヒグラフに
掲載されていたということである。

30年以上前に原発下請け労働についてルポがあったわけである。
今日に至り,当時の作品が再び脚光を浴びたわけである。

自分が知らないだけで,実は多くの出版がなされていて
様々な事実が公表されていたということになる。

物事を考え,判断するのは事実を知ることが大事だが
そのためには,そのための努力が必要である。

福島原発の闇 原発下請け労働者の現実
堀江 邦夫
朝日新聞出版
2011-08-19

まんがで読破 共産党宣言

共産党宣言は歴史の教科書にも登場する
マルクスとエンゲルスによる有名な本である。

おそらく原典は難解なのだと思うが
そのエッセンスを気軽に味わえるのが
まんがで読破シリーズ。

先日,「資本論」「続・資本論」を読んだので
続けて読んでみた。

資本家と労働者の対立
階級闘争の歴史や共産主義の考え
社会主義の問題点などがわかりやすく記されている。

入門書として気軽に楽しめる1冊。

共産党宣言 (まんがで読破)

共産党宣言 (まんがで読破) [文庫]
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 今日もまずまず
  • 今夜の甘い物 三万石 和三盆ぷりん
  • 今日の収穫 シシトウ・ピーマン・ナス・キュウリ
  • 今日もバンザイマーク
  • 今日も散歩
  • 今日の甘い物 ブルボン ビットチョコレート
  • 今日のアサガオ 75輪目
  • 磐越西線 E721系 会津若松駅
  • 今日はいい感じ
  • 今夜の甘い物 メロンバー
  • 今夜のお酒 奥の松 サクサク辛口
ぜひ クリック!
訪問ありがとうございます
最新コメント
  • ライブドアブログ