教師ラウンジへようこそ!

鉄道ネタはもちろん,TVや本,食べ物,野鳥の話題などをアップしています。最近は,太陽光発電や家庭菜園についての記事も投稿しています。ご愛読のほど,よろしくお願いします。

左のサイドバーから,好みのジャンルを選んでいただくと読みやすいと思います。
最近は,限りなくツイッターに近い短文のブログになっています(笑)。

キャリア教育

「働く」ために必要なこと 就労不安定にならないために

著者は品川裕香さん。
教育ジャーナリスト。

帯には
たとえ東大を卒業しても
働きつづけられなければ、意味がない!
と書いてある。

せっかく正社員として就職したにも関わらず
数年で離職してしまう若者の様子から
現在の若者やキャリア教育の現状を考察している。

働くとはいったどういうことなのか
自分を理解するとはどういうことなのか
とてもわかりやすく書かれている。

自立するとは人とつながることであり
自分の特性を知り,リスク要因や考え方のクセを知って
自分をコントロールし,保護要因を積み重ねていくことが大事。

学校においても
社会で仕事ができる人間の育成が必要。
それは,狭い意味の進路指導や
イベント的なキャリア教育では不十分である。

「働く」ために必要なこと: 就労不安定にならないために (ちくまプリマー新書)
品川 裕香
筑摩書房
2013-05-07

キャリア教育のウソ

著者は児美川孝一郎さん。
法政大学キャリアデザイン学部教授。

この本は現在のキャリア教育の現状を明らかにし
その問題点を指摘するとともに
本来あるべきキャリア教育の姿を示そうとしている。

最大のポイントは
現行のキャリア教育が
実際の社会状況,雇用状況にマッチしていない
ということだろう。

大人の善意が
必ずしも若者の将来にプラスになっているとは限らないことに
我々は十分に注意しなければならない。
現状と我々の歩んだ社会とは状況が大きく異なっているのである。

どうしても完全には非正規雇用を避けることができな現在
正社員のみをめざすキャリア教育だけでは不十分である。

本当の意味で
子どもたちのためになるキャリア教育を実現させるために
多くの大人が読むべき本のように思う。


キャリア教育のウソ (ちくまプリマー新書)

異業種についての理解を深める

教師が相手にするのは生徒と保護者が中心。
だが,教師だからこそ接する職業の方もいる。

まあ,一般の企業の方に比べれば
業務に関わって交流する人の種類や範囲は
限られているとは思うのだが。

そのぶん,普段は交流のないジャンルの方と交流できると
とても新鮮な感じがする。
今日は,とても新鮮な1日だった。

キャリア教育を考える上でも
教師自身が交流の幅を広げて
異業種についての理解を深める必要があると思う。
仕事中はもちろん
休日等にも結構チャンスはあると思う。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 719系 フルーティア 会津若松駅
  • 719系 フルーティア 会津若松駅
  • 719系 フルーティア 会津若松駅
  • 今日は午後から
  • 今夜の甘い物 ピーチョコ
  • 夕日を見る
  • ヘッドマーク 運転再開 SLばんえつ物語号
  • ヘッドマーク 運転再開 SLばんえつ物語号
  • 今日の甘い物 明治アイス スーパーカップ 抹茶
  • 猪苗代方面へドライブ
  • 猪苗代方面へドライブ
  • 猪苗代方面へドライブ
  • 証明書を取りに行く
  • 今日のアサガオ 74輪目
  • 今日はいい感じ
最新記事
ぜひ クリック!
訪問ありがとうございます
最新コメント
  • ライブドアブログ