教師ラウンジへようこそ!

鉄道ネタはもちろん,TVや本,食べ物,野鳥の話題などをアップしています。最近は,太陽光発電や家庭菜園についての記事も投稿しています。ご愛読のほど,よろしくお願いします。

左のサイドバーから,好みのジャンルを選んでいただくと読みやすいと思います。
最近は,限りなくツイッターに近い短文のブログになっています(笑)。

最近読んだ本

幕臣たちの明治維新

幕臣たちの明治維新 (講談社現代新書)
安藤 優一郎
講談社
2008-03-19


著者は安藤優一郎さん。
歴史家。
NHK文化センター,東京理科大学生涯学習センター講師。
明治維新を幕臣の側から見ている。
その中心となっているのが,
ある御家人の自分史。
明治の歴史が薩長側による歴史であるとし,
きちんと描かれていなかった幕臣側から提示は
とても興味深い。
冷静に考えれば,急に多くの幕臣が消えるはずはなく,
その後の様子から当時の状況に迫ることができる。
会津藩の話も登場するのだが,
一方的な勝者側による歴史ではなく,
公正な歴史の記述が求められるという主張には同意。

総理の女

総理の女 (新潮新書)
福田 和也
新潮社
2019-04-16


著者は福田和也さん。
慶応義塾大学環境情報学部教授。
総理大臣の本妻,愛妾のお話。
登場する総理大臣は
伊藤博文,大隈重信,山本権兵衛,桂太郎,山縣有朋,
原敬,高橋是清,犬養毅,近衛文麿,東条英機。
女性との関わりから総理本人の個性がわかる。
もちろん女性も様々で個性的。
総理の生き様を振り返りながら,
日本の近現代史を概観することもできた。

電通事件 なぜ死ぬまで働かなければならないのか



著者は北健一さん。
ジャーナリスト。「労働情報」編集人。
この本は電通の過労自死をもとに
長時間労働やパワハラについて扱っている。
電通の事件を詳細に扱うとともに,
他の事例も扱いながら
今日の日本の労働環境について語っている。
教職員の労働についても触れている。
労働基準監督署や政治の動き触れるとともに,
医療的な面からも触れている。
一つの事件を例にして,
今日の日本の労働を取り巻く課題を考察している。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 懐かしいかな 485系 快速あいづライナー
  • 今日もまずまず
  • 今夜の甘い物 三万石 和三盆ぷりん
  • 今日の収穫 シシトウ・ピーマン・ナス・キュウリ
  • 今日もバンザイマーク
  • 今日も散歩
  • 今日の甘い物 ブルボン ビットチョコレート
  • 今日のアサガオ 75輪目
  • 磐越西線 E721系 会津若松駅
  • 今日はいい感じ
  • 今夜の甘い物 メロンバー
  • 今夜のお酒 奥の松 サクサク辛口
ぜひ クリック!
訪問ありがとうございます
最新コメント
  • ライブドアブログ