教師ラウンジへようこそ!

鉄道ネタはもちろん,TVや本,食べ物,野鳥の話題などをアップしています。最近は,太陽光発電や家庭菜園についての記事も投稿しています。ご愛読のほど,よろしくお願いします。

左のサイドバーから,好みのジャンルを選んでいただくと読みやすいと思います。
最近は,限りなくツイッターに近い短文のブログになっています(笑)。

最近読んだ本

去年の冬、きみと別れ

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)
中村 文則
幻冬舎
2016-04-12


著者は中村文則さん。芥川賞作家。
まず,構成がすごくて,
最後にもハラハラする展開がある。
そして,何とも手の込んだ,
しかし,当人にとっては切実な思いが感じられる。
だが,それはある意味,狂気に満ちた
病的な感情と行動と言える。
人間には深い闇の部分があるとは思うが,
それが実際の行動となって表れた時,
それを理解したり,受け入れたりできるかは微妙。
すごい小説だ。

STRONGER 「超一流のメンタル」を手に入れる

STRONGER「超一流のメンタル」を手に入れる
デニス・K・マコーマック博士
かんき出版
2016-11-01


著者はジョージ・S・エヴァリーJr.博士。
ジョンズ・ホプキンス大学医学部准教授。メンタルヘルスの生みの親。
ダグラス・A・ストラウス博士。
ウェクスリー・コンサルティング人材開発社パートナー。
ジョンズ・ホプキンス大学精神医学部諮問会議メンバー。
デニス・K・マコーマック博士。
ネイビーシールズ創設時の隊員。国防総省で心理学アドバイザー。
ウィン陸軍コミュニティ病院でチーフ。
訳者は桜田直美さん。
さまざまなプレッシャーを跳ね返し,成功するための方策を説く。
長年にわたる研究の成果と,多くの人物からのインタビュー,
事例を踏まえて説明が続く。
レジリエンス,心のボディアーマー。
ポイントは,
楽観主義,決断力と行動力,道徳的な指針,粘り強さ,周囲のサポート。
その大切さとともに,どのようにして身に着けていくかも示す。
自分を知る,成功体験を積み重ねる,
その要素を身に着けている人をよく観察する,
周囲のサポートや励ましを活用する,
自己コントロール力を高める。
なるほどと思える先人の言葉もたくさん紹介されており
とても興味深かった。

走り続ける力

走り続ける力 (毎日新聞出版)
山中 伸弥
PHP研究所
2018-12-12


著者は山中伸弥さん。
京都大学iPS細胞研究所所長。
ノーベル生理学・医学賞受賞。
どのような思いで研究者になり,
何を求めて研究を続けているのか,
とても分かりやすく書かれている。
忙しい中でも様々な人たちと交流し,
マラソンを趣味としタイム更新に向けて走り続けている。
所長として組織を率いる考え方も勉強になる。
常に謙虚で,努力し続けることが著者の魅力なのだろう。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 懐かしいかな 新潟色 キハ47 会津若松駅
  • 懐かしいかな 新潟色 キハ47 会津若松駅
  • 今日は少しだけ売電あり
  • 今日の甘い物 ブルボン ブランチュール
  • 今日は晴天
  • 懐かしいかな 朱色のキハ47 会津若松駅
  • 今夜の甘い物 アーモンドクッキー
  • 今日は少し発電あり
  • 今日の野鳥 ツグミ
  • 今日の野鳥 ツグミ
  • 今朝は少しだけ雪
  • 懐かしいかな 磐越西線 キハ47 新潟色
  • 今日は売電あり
  • 今日は売電あり
  • 今日の甘い物 メリー チョコレート
最新記事
ぜひ クリック!
訪問ありがとうございます
最新コメント
  • ライブドアブログ