教師ラウンジへようこそ!

昨年4月から夢の列車通勤をしています。会津若松駅を中心とした鉄道ネタがメインなっています。TVや本,食べ物,野鳥の話題もアップしています。ご愛読のほど,よろしくお願いします。

左のサイドバーから,好みのジャンルを選んでいただくと読みやすいと思います。
最近は,限りなくツイッターに近い短文のブログになっています(笑)。

最近読んだ本

リストカット少年、教師になる



著者は大垣俊輔さん。
白根開善学校中高等部教諭。

著者は幼少の頃から両親の不和や父親の虐待の下,
自傷行為を繰り返していた。
大学で出会った創作家の唐十郎氏に影響を受け,
劇団員として極貧生活も経験。
その後,教員となる。

白根開善学校は,
わけあって地元の学校に通えない子ども達が,
自宅を離れて生活ひながら学ぶ山の中の学校である。
そこには様々な個性的な子ども達がおり,
24時間ともに生活しながら教育にあたる。

このところ学力向上が話題の中心になっている学校教育。
この本には,それ以前の教育の本質が示されているように思う。
人を育てる,人が育つというのはどういうことか,
教育とは何か,いろいろと考えさせられる1冊。
著者の半生も興味深い。

定年後 年金前 空白の期間にどう備えるか




著者は岩崎日出俊さん。
経営コンサルタント会社代表取締役。

60歳が定年で,年金受給開始は65歳。
この空白の5年間をどう過ごすかという内容。
まず,退職後にどれくらいのお金が必要が提示。
次に年金がいくらもらえるかを提示。
年金だけではすべての生活費はまかなえないが,
年金の資産としての価値を示す。
特に「長生きリスク」にとって意味があるというもの。

不足分を補うものとして,
預貯金が上げられるが,
再雇用,起業などの現状についても説明。
大切な退職金を投資にまわすのではなく,
年金の不足分を補うための個人事業のメリットを示す。

いろいろと勉強になる内容。
自分は退職までまだ数年あるが,
退職後,年金前について考えておく必要はある。

知られざる大鵬

知られざる大鵬
佐藤 祥子
ホーム社
2013-08-26


著者は佐藤祥子さん。
相撲中心のライター。

この本は偉大な横綱大鵬と奥さんのあれこれが中心。
偉大な横綱ゆえに大変だったこともあるし,
その「おかみさん」としての苦労もある。
ここでは,強い横綱の大鵬とともに,
夫として父としての大鵬も描かれている。
昭和の人間らしい厳しさもあったようだが,
その厳しさの中にも妻への深い愛情があったように思う。
人間としての弱さも垣間見ることができるが,
そこがまた魅力の1つなのだろう。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 夕方の会津若松駅 キハE120系・キハ110系・E721系・719系フルーティア
  • 夕方の会津若松駅 キハE120系・キハ110系・E721系・719系フルーティア
  • 夕方の会津若松駅 キハE120系・キハ110系・E721系・719系フルーティア
  • 夕方の会津若松駅 キハE120系・キハ110系・E721系・719系フルーティア
  • 夕方 傘を差して散歩
  • 只見線 キハ40の会津若松駅構内移動(南側)
  • 只見線 キハ40の会津若松駅構内移動(南側)
  • 只見線 キハ40の会津若松駅構内移動(南側)
  • 只見線 キハ40の会津若松駅構内移動(南側)
  • 夕方の会津若松駅 719系・E721系など
  • 夕方の会津若松駅 719系・E721系など
  • 夕方の会津若松駅 719系・E721系など
  • 夕方の会津若松駅 719系・E721系など
  • 夕方の会津若松駅 719系・E721系など
  • 今夜の甘い物 ロッテ チョコパイ
最新記事
ぜひ クリック!
訪問ありがとうございます
最新コメント
  • ライブドアブログ