教師ラウンジへようこそ!

昨年4月から夢の列車通勤をしています。会津若松駅を中心とした鉄道ネタがメインなっています。TVや本,食べ物,野鳥の話題もアップしています。ご愛読のほど,よろしくお願いします。

左のサイドバーから,好みのジャンルを選んでいただくと読みやすいと思います。
最近は,限りなくツイッターに近い短文のブログになっています(笑)。

2006年06月

雨の只見線

今日は夕方から雨。

いつものように自宅をめざして
只見線沿線の国道を走った。
雨,そして霧のために視界が悪く
かなり神経を使った。

只見線はもともと運行本数が少ない。
だから,沿線を車で走っていても
よほどでないと列車に遭遇できない。
国道と線路が離れてしまうところも多いからだ。

今日は宮下付近の跨線橋で
ナイスタイミングの遭遇。
考えてみれば
そこを通過するのは数秒であり
その瞬間に遭遇できるというのは
まさに偶然以上の何ものでもない。

ほぼ無人の2両編成の気動車が
雨の中を会津川口めざして走行していった。

さて,この週末は
只見線にSLが走る。
きっとたくさんのマニアが撮影のために道路に並ぶことだろう。
あいにくの雨でかわいそうだが
雨の只見線も素敵かもしれない。

授業について語る

今年は初任者の指導教員も担当している。

対象となる初任者は大学を出たばかりの
理科の女性の先生である。
授業はもちろん
合唱の伴奏を引き受けたり
町のマラソン大会に出場したりと
とても意欲的な方である。

まもなく授業研究があるのだが
ひょんなことから事務所の先生も来てくださることになり
会わせて町内小中学校の理科の先生も参観するという
ちょっと大がかりなものになってきた(笑)。

まあ,そんなことは良いのだが
肝心の授業を充実させるために
現在,指導案の検討中である。

理科の教員は彼女しかおらず
全く門外漢の自分が指導案の指導をしている。
が,専門でなくとも授業は授業であり
指導案についてあれこれ語り合うのは
実に楽しいものである。

ちょっとディベート的な発想を取り入れたりして
初任者とは思えない授業の構想(笑)。
冒険的な授業だが
こうした取り組みが彼女を成長させていくのだと思う。

以前から授業について語り合うのは好きなのだが
今年は立場上
多くの授業に関わることができそうだ。
自分で授業を行うのも楽しいのだが
若い先生方と授業を考えるのも本当に楽しいものだ。

医龍最終回

毎週見ていたドラマが最終回だった。

先週は特番でお預けだったので
余計に楽しみにしていた。

緊迫した手術シーンはいつもながら興味深く見ることができた。
ストーリーも変化があって楽しむことができた。

自分の知らない専門的な世界を垣間見ることができ
とても勉強になった。
ぜひ続編を期待したい。

チームという意味では
NHKのプロジェクトXにつながるような気もする。
世の中は、力を合わせて困難を乗り越えることを願っているのかもしれない。
なれ合いの集団ではなく
必要に応じてチームを作るのは、もっともだと思った。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 夜の会津田島駅 東武6050系と特急リバティ会津 504
  • 夜の会津田島駅 東武6050系と特急リバティ会津 504
  • 夜の会津田島駅 東武6050系と特急リバティ会津 504
  • 夜の会津田島駅 東武6050系と特急リバティ会津 504
  • 夜の会津田島駅 東武6050系と特急リバティ会津 504
  • 夜の会津田島駅 東武6050系と特急リバティ会津 504
  • 帰りはAT501
  • 帰りはAT501
  • 昼休みに鉄分補給(2)雪の中の特急リバティ会津
  • 昼休みに鉄分補給(2)雪の中の特急リバティ会津
  • 昼休みに鉄分補給(1)雪の中の東武6050系
  • 昼休みに鉄分補給(1)雪の中の東武6050系
  • 今日の快速AIZUマウントエクスプレス2号 雪を付けて走る
  • 今日の快速AIZUマウントエクスプレス2号 雪を付けて走る
  • 今日の快速AIZUマウントエクスプレス2号 雪を付けて走る
ぜひ クリック!
訪問ありがとうございます
最新コメント
  • ライブドアブログ