著者は半藤一利。
作家。昭和史の研究。
この本は著者の半生を記したもの。
幼い頃からこれまでの生き様が
とても興味深い。
人生というのは様々な岐路があり,
その時の偶然が大きく左右している。
それでも,何もしなくて道が開けるわけではなく,
著者もそれぞれのタイミングでベストを尽くしたからこそ
きっと今があるのだろう。
当事者に聞き取る形で昭和史を検証した著者。
大きな足跡を残したと言える。