BSで英雄たちの選択を観た。
今回は水害と治水の歴史。
戦国大名の武田信玄,
干拓を進めた岡山藩士の津田永忠,
天竜川の治水にあたった金原明善。
番組では治水三傑として,
彼らの功績を紹介していた。
ある程度先を見て,
時に私財を投げ売っての取り組み。
時間はかかるが,効果は絶大。
すごいね。
川を完全にコントロールするのではなく,
上手く共存するということだろうか。
多少の傷は負っても,大けがを避けるという感じか。