著者は下柳剛さん。
プロ野球で投手として活躍し,現在は解説者。
著者は37歳で最多勝投手のタイトルを獲得した。
野球人として,どのような道を歩んだのかを
特にメンタル面を中心に語っている。
もちろんメンタルだけでなく,
著者の努力が大きいのだが,
日々の努力を支えたのはメンタルであり,
ゾーンと言われる持てる力を発揮できる精神状態を
維持できたことも大きい。
謙虚に様々な人のアドバイスを受ける姿勢も素晴らしい。
いろいろな面で興味深い1冊である。