木曜日はドラマ「警視庁・捜査一課長」。
今回はこのシリーズの最終回で2時間スペシャル。
途中から見たのだが,34年前の事件との関連もあり,
なかなか複雑な感じだった。
谷中萌奈佳の出生の秘密に迫るような感じもあったが,
まあ,ドラマらしい終わり方だった。
週刊誌の記者が犯人だったというには意外だった。
大岩捜査一課長が進退伺を出して頑張っていたが,
今回は金田明夫が演じる管理官がいい味を出していた。
本田博太郎もCMのような語り口で良かった。
次なるシリーズにも期待したい。