今朝の朝日新聞の福島版に鉄道系の記事あり。

6月に福島県内のJR東北線で
800メートルにわたって鉄の棒が抜き去られ
ロープが切断された。
今月1日に容疑者が逮捕されたが
同様の事件を未然に防ぐため
白河署と鉄道警察隊,JR東日本が合同で踏切や駅を点検した。

「悪質な行為は人命に危険が及ぶことがある。
鉄道愛好家が安心して見られる場所確保が必要だ。」
と白河署長があいさつしたという。