著者は朝日新聞石巻支局長の高成田亨さん。
かつてテレビ朝日「ニュースステーション」でコメンテーター。
論説委員,アメリカ総局長などを歴任。
定年で「シニアスタッフ」となり石巻支局長。

帯には「魚を見れば世界が見える!」とある。
具体的な「さかな取材」を通して
資源問題,環境問題,食料の安全保障,地域問題,食文化
など幅広く発信している。

石巻や魚のことについてはもちろんだが
著者がどうして地方の港町に関心を持ち
支局長として赴任したのかが書かれている。
サブタイトルには「アメリカ総局長の定年チェンジ」とあり
著者の記者としての生き方に触れることができ興味深い。

とても読みやすく
視野が広がる素敵な1冊である。