3年選択社会の補欠に行った。

自分が担当しているコースとは違って人数が多い。
主に入試を念頭においた問題演習中心の内容である。
担当者から当日分の問題プリントと解答例を預かっていたので
単純にそれを配布すれば生徒は熱心に取り組むのだが
3年生を前に社会科の話をする機会など
普段はめったにないので
調子に乗ってあれこれ語った(笑)。

授業での学習内容と入試の問題には
ある程度の開きがあり
入試を考えればそれなりの対策というか
学習法を工夫する必要があると思う。

が,只見中学校の場合
塾等でそうしたテクニック的なことに触れる環境になく
授業には熱心に取り組んでいるものの
実力テスト等では思うように点がとれないことが多い。

点をとることがねらいでないと言われればそれまでだが
どうせテストを受けるなら
それなりに点数を取りたいのが人情。
点をとるためには
それなりの対応が必要なのだが
必修の時間ではそうしたことに対応する時間はない。

そこで選択。
別に塾の代わりをめざすわけではない。
が,一種の刺激を与えることは必要だと思う。

今後の人生を考えれば
ライバルは教室内の友達なのではなく
名前も顔を知らない同年代の人たちなのだから。