学校訪問の指導案の提出日ということで
いつよりも遅くなった。

指導案は日常的に書いていることは少ないので
こうした時に書こうとすると
なかなか思うように自分の意図を表現できないことが多い。

しかも
指導案をまとめて冊子にするので
様式を統一したり
一人で作成する時は気にしない部分に気を遣う。
なので,結構大変だ(笑)。

指導案ができても
実際に授業をするわけで
その授業が終わるまではほっとできないのが辛いところだ。

昨日まで中体連の新人総体だったなんて
信じがたい。
ものすごく昔のことのように思える。

やはり現場は忙しすぎる。

しかも,10月1日は中間テスト。
問題も作成しないといけない。
なのに,日曜日は町Pのレク大会。
本当に大変だ。

そして,学校訪問の10日後には
なんと文化祭。

さらに言えば
今年は統合・開校の年であり
1つ1つが1からのスタートで
昨年通りというわけにはいかない。

外を見れば
特別教室棟と体育館の大規模改修工事。

これだけいろいろと重なる中で
先生方は本当によくやっていると思う。

次年度の年間計画作成においては
各種行事をうまく並べないといけない。
もっとも
どう並べても減らない限り大変なのだが。