夏休みに入って6回目のディベート。

全国大会出場前にしては
これまでで最も練習回数が少ないと思う。
しかも,1日の練習時間も2時間程度。

初心者の彼らにとって
試合でもないのに集中力を持続できるのは
だいたいこのくらいの時間かもしれない。
練習してだれてきたり
いいかげんになってくるようではやらない方が良い。

基本的にモチベーションが大切だ。
指導者の最大の使命は
生徒のモチベーションを持続させることだろう。
練習をすることによって
逆にモチベーションを下げるようでは練習の効果はない。

試合をするのは生徒であり
試合が始まれば自分は何もできない。
昔は
だからこそ試合前にできるだけのことを教え込もうとしたが
大切なのは教え込んだかどうかではなくて
身に付けて自分のものにできたかどうかだ。
モチベーションの低い練習では
身に付くものも身に付かない。

もっとも今年の場合
自分の立場上
1日中練習につき合うこと自体が
不可能なのだが(笑)。

そんなわけで
これまでの取り組みのうちで
もっとも手をかけずに全国大会に出場する。

時間をかければかけるほど
好成績がとれるのかどうか。

いろいろなことが明らかになる大会だ。
今からとても楽しみだ。