今日は「いのち生きいきプロジェクト」の授業公開があった。
雨の中,指導の先生と10名の参観の先生方が来校された。

1時間じっくりと性教育の授業を参観するのは
自分にとっても貴重な経験だった。
1つの授業を小中高の先生方が参観するというのも素敵だ。

授業後の研究協議で
指導の先生の資料の中に
「性教育は生き方教育の中の一分野」
「できることを,できる部分から,できる形で始める」
などなど
なるほどと思えるフレーズがたくさんあった。

性教育に限らず
「できることを,できる部分から,できる形で始める」
というのはとても大切なスタンスだと思う。
ややもすると
できない(というより「やらない」)
言い訳を我々はよくする。

しかし,最初から100%を実現するのではなく
まずは第一歩を踏み出すことが肝心である。
大きなことばかり考えず
まずは目の前のことを工夫し
それを積み重ねていくことが大切なのだろう。