教師ラウンジへようこそ!

昨年4月から夢の列車通勤をしています。会津若松駅を中心とした鉄道ネタがメインなっています。TVや本,食べ物,野鳥の話題もアップしています。ご愛読のほど,よろしくお願いします。

左のサイドバーから,好みのジャンルを選んでいただくと読みやすいと思います。
最近は,限りなくツイッターに近い短文のブログになっています(笑)。

エースの品格

著者は東北楽天ゴールデンイーグルス監督の野村克也さん。

これまでの50年に及ぶプロ野球人生をふまえた1冊である。
いきなり「野球とは団体競技なのだ」と語る。
個人の成績がすぐに年棒に反映されるプロ野球の世界だけに
この言葉の持つ意味は大きい。
おそらくプロ野球である前に野球なのだと思う。
そうした野球という競技の本質を理解することなしに
プロ野球自体について語ることはできないのだろう。

「チームの鑑」という言葉が繰り返し出てくる。
人間教育という言葉も何度も出てくる。
チームという1つの目標に向かう集団を
どのように作っていくのかという著者の歩みは
野球に限らずあらゆる集団に生かせるものだと思う。

数多くの選手に関するエピソードや
著者による選手,監督の評価はとても興味深い。
テレビで観る野球も
チームという視点で観られるようになると一層楽しいかもしれない。

元刑務官が明かす刑務所のすべて

著者はノンフィクション作家の坂本敏夫さん。
27年間,法務事務官として刑務所,拘置所などに勤務。

サブタイトルには
衣食住から塀の中に犯罪まで実録・獄中生活のマニュアル
とある。

まさにサブタイトル通りの内容なのだが
当然ながら初めて知る内容が多く
とても興味深いものだった。

また,逮捕から一審判決までの流れ
さらには控訴,上告や保釈,仮釈放など
社会科教員としても勉強になることがたくさんあった。

こうした世界に足を踏み入れたくはないが
もしもの時でも
あれこれ知っていれば多少の不安は解消されるのではないか(笑)。

知らない世界を垣間見るという点では読んでみても良い本だともう。

学而の決意

次男が学校からもらってきた本。
上級学校進学のための指南書とある。

実は自分が生徒の時にも同じような本があったが
あの頃は校内模試結果などのデータが中心だった。
今の冊子には卒業生の体験談も豊富で
生徒にとってはとてもためになると思う。
もちろん巻頭で校長先生がおっしゃているように
一人一人がこの本をどう読むかが大切だろう。

受験には日々の努力が大切であり
情報だけではどうにもならない。
だが,受験にとって情報は重要であり
具体的な目標を持ってこそ
日々の努力も積み重ねることができるものであろう。

保護者にとってもとても参考になる冊子である。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 今日の甘い物 太郎庵 半熟すふれ チーズ
  • 今日の野鳥 トビ
  • 今日の野鳥 トビ
  • 今朝の甘い物 セブン 直火焼プリン
  • 今日の会津若松駅 新新潟色の気動車など
  • 今日の会津若松駅 新新潟色の気動車など
  • 今日の会津若松駅 新新潟色の気動車など
  • 今日の会津若松駅 新新潟色の気動車など
  • 今日の会津若松駅 新新潟色の気動車など
  • 今夜の甘い物 豆草大福
  • 夕方 散歩
  • 新しい図面(2-4)を受け取る
  • 新しい図面(2-4)を受け取る
  • ロト6を買う
  • 今日の甘い物 黒糖まんじゅう
最新記事
ぜひ クリック!
訪問ありがとうございます
最新コメント
  • ライブドアブログ