教師ラウンジへようこそ!

鉄道ネタはもちろん,TVや本,食べ物,野鳥の話題などをアップしています。最近は,太陽光発電や家庭菜園についての記事も投稿しています。ご愛読のほど,よろしくお願いします。

左のサイドバーから,好みのジャンルを選んでいただくと読みやすいと思います。
最近は,限りなくツイッターに近い短文のブログになっています(笑)。

統合に向けて

動かせない事実として来年度の統合がある。

様々な準備や備品の移動などを考えると
頭が痛くなる。
厳しい冬の中でうまく移行できるのか
不安も大きい。

まあ,環境が変わるとなれば
多かれ少なかれ不安を抱くのは普通だろう。
だが、これまでは
どうも後ろ向きに考えてきたように思える。

ここ数日
統合に向けての仕事が増えているのだが
ものは考えようで
新しい学校を自分たちの手で作っていくと考えれば
こんなに素敵なことはない。

様々な制約はあるわけだが
限られた条件の中で
一歩でも理想の学校に近づけることができるよう
頑張るのも楽しいことのように思えてきた。
不思議なものである(笑)。

事務の先生着任

事務の先生が出産により休みに入ったため
代わりの先生が着任した。
年齢も前の先生と同じである。

事務職は基本的に学校に一人しかいない。
なので,欠けると大変なことになる。
命も健康もそうだが
失って初めてその大切さがわかることが多い。
事務の先生の仕事は目立たないが
学校という組織にとっては
本当に大切なものである。

さて,教頭も基本的に一人しかいない。
目立つ必要はないが
しっかりとその役目を果たしたいものである。
間違っても
「教頭がいなくてラッキー」
などと言われないように
頑張らねば(笑)。

戦争の日本近現代史

著者は加藤陽子さん。
東京大学大学院人文社会系研究科助教授。

征韓論から太平洋戦争までの歩みをたどりながら
国民がなぜ戦争につき進んでいったのかを
今までにない視点で考察している。

やはり歴史は奥が深く
中学校の教科書に書かれているような
単純なものではない(笑)。
教科書で言えば
行間についてはこうした本を読んで勉強するしかない。

出来事を追うだけでなく
それを多面的に考察することは
大変な作業ではあるが大きな意義があり
それこそがまさに歴史学のように思われる。

自分は歴史が専門ではないので
こうした本を読んで勉強することが必要だ。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 719系 フルーティア 会津若松駅
  • 719系 フルーティア 会津若松駅
  • 719系 フルーティア 会津若松駅
  • 今日は午後から
  • 今夜の甘い物 ピーチョコ
  • 夕日を見る
  • ヘッドマーク 運転再開 SLばんえつ物語号
  • ヘッドマーク 運転再開 SLばんえつ物語号
  • 今日の甘い物 明治アイス スーパーカップ 抹茶
  • 猪苗代方面へドライブ
  • 猪苗代方面へドライブ
  • 猪苗代方面へドライブ
  • 証明書を取りに行く
  • 今日のアサガオ 74輪目
  • 今日はいい感じ
最新記事
ぜひ クリック!
訪問ありがとうございます
最新コメント
  • ライブドアブログ